モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 」のレビュー

cheero Power Plus 3

性能が何かと凄いらしいということで、モバイルバッテリーの「cheero Power Plus 3」を買ってみました。

今回はそのレビューです。

スポンサーリンク

cheero Power Plus 3 の特徴

まずは基本スペックを簡単に書いておこうと思います。

  • 13400mAhという大容量
  • 従来のものより小さくなった
  • 日本製の電池
  • 2台同時充電が可能

なんと、このcheero Power Plus 3は従来のものと比べて容量が増えたにもかかわらず、サイズは小さくなったようです。

cheero Power Plus 3の容量とサイズの比較

ということもあって、各所でべた褒めされています。

使ってみた感想

で、まぁ実際に使ってみた感想なんですが、その前にまず開封時点で思ったのは箱がすごいシンプル、というか質素でした。

ダンボール製のパッケージで、別にぼろいとかいうわけじゃなくて逆にいい味出してました。

これまでのものはどういった箱に入っているかわかりませんが、コストを最大限まで落とす努力をしているんだなぁと勝手に想像したり・・・。

肝心の本体は、他の人のレビューでも言われていたとおり、プラスチックっぽいザラザラした手触りでした。正確にはザラザラとさらさらの中間ぐらいの手触りで、つい手に持ちたくなる感じ。

手で持ってみると重さも持ち心地もちょうどよかったです。

充電をしてみると、急速充電の2.4Aの方は確かに早かった。Nexus5だと50%充電するのに40分くらいかな?まぁ、ストレスなく充電が貯まる感じでしたね。

付属のマイクロUSBケーブルも、Nexus5についてきたもろい感じのものと違ってしっかりしていたので、端子を差し込むときに怖くはなかったです。

イマイチなところ

とまぁ、いいところが多いcheero Power Plus 3ですが、他の人のレビューを見るとあまりにも褒め過ぎな感じがするので、いまいちだと思ったポイントも自分はたくさん書いておこうかなと思います。

本体を入れる袋がついていない

cheero Power Plus 3は本体を入れるケースがついてきません。ですから、これまでモバイルバッテリーを買ってこなかった自分みたいな人は裸で持ち歩くことになります。

それが不安な方は、何らかの巾着袋みたいなケースを別に買う必要があります。

ケーブルが一本しかついてこない

付属品のケーブルはマイクロUSBのケーブル一本だけです。

付属のUSBケーブルが本体に挿しにくい

cheero本体にUSBケーブルを指すときと抜くときに、やや力が必要でした。

これはちょっと不安ですね。なんか壊れそうなので・・・。自分のものだけ良くないものなのかもしれませんが。

さいごに

いかがでしたか?

モバイルバッテリーの中でも特に注目されているものらしいので、今後はこれで乗り切っていこうと思います。

あと、少し気になったのがAmazonレビューの☆1の質の悪さですね・・・。商品自体に触れていないものが多いです。

それと、品薄のときに高騰して5,000円以上になっていることもありましたが、3,480円が適正金額です。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*