WebサイトをFacebookページに登録する方法と登録名の罠

このサイトを作るにあたって、新しくFacebookページを開設しました。

あまり知られていないかもしれませんが、個人のFacebookアカウントとFacebookページは異なるものです。

今回は、Facebookページの登録方法と共に自分がつまづいた軽い注意点(?)を、Facebookの仕様への文句と一緒に解説していきます(笑)

スポンサーリンク

Facebookページとは?

Facebookページとは、個人アカウントとは別に

  • 地域ビジネスまたは場所
  • 会社または団体
  • ブランドまたは製品
  • アーティスト、バンドまたは著名人
  • 芸能・エンタメ
  • 慈善活動またはコミュニティ

など、さまざまなジャンルに対するFacebookのページのことをいいます。交流や宣伝など、さまざまな場面で手軽に作れるので便利ですが、注意点もあります。

個人アカウントがないと作れない

以前は違ったようですが、現在は個人アカウントがないと作れません。

ですから、「個人アカウントをつくるのはいやだけどFacebookページは作りたい!」というのは不可能です。観念して個人アカウントを取得しましょう。

機能が制限される

Facebookページは個人アカウントと別のものとして利用できますが、一部機能が制限されています。

例えば、アプリなどの認証をするときはメインのアカウント(個人アカウント)に切り替えて認証する必要があります。

Facebookページの始め方

では、ウェブサイトをFacebookページに登録する手順を見ていきましょう。

まず、ページ右上の下マークをクリックし、次に表示される「ページを作成」をクリックします。

facebook1

次のページで「ブランドまたは製品」をクリックし、

facebook2

「カテゴリを選択」の部分を「ウェブサイト」に、下には自分のサイト名を入力して(画像では「サイト名」と入力)、「スタート」をクリックします。

facebook3

次に、ページの簡単な説明と、URLを記入します。また、「~は実在する企業、プロダクト、ブランドですか?」は場合によるかと思いますが、基本「いいえ」でいいと思います。入力を終えたら「情報を保存」をクリックします。また、入力せずにスキップしてもかまいません。

facebook4

次に、プロフィールとなる画像を登録します。これはトップページに表示されるものです。スキップしてもかまいません。

facebook5

お気に入りに追加とありますが、スキップでかまわないでしょう。

facebook6

最後に、広告を掲載するときのために支払い方法を選択することを求められますが、スキップでいいです。

facebook7

これでFacebookページができました!ちなみに、全部スキップしてもOKです。

気になったこと

自分が登録する際に気になったことは、サイト名を入力する際に、頭文字が小文字だと登録できないということです。

例えば、「sample Site」という名前で登録しようとすると、

facebook8

このような表示が出てきて、「Sample Site」と登録することを求められます。

このせいで、自分は“way’s Web Hack”という名前にしたかったのに、仕方なく“Way’s Web Hack”にせざるを得ませんでした・・・。

正しくは“way’s Web Hack”です! 最初のwは小文字です!

まとめ

Facebookは匿名での登録ができなかったり、上記のような罠があったりと、油断もスキもないですね!

google+は匿名での登録をもう認めています。Facebookも柔軟な対応をして欲しいです・・・。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*