スマホ+ガラケーの2台持ちで月額1515円の理由

携帯を覗きこむカップル

自分は昔、ガラケーのみの利用料金が月額7000円を越えていました。

今思えばかなりもったいない運用をしていたな~と思います。

そんな自分ですが、今はスマートフォンガラケー2台持ちで月額が1515円です。

ただ、周りを見ていると、最近はスマートフォンの普及で利用料金が結構高めの方も多いです。

今は少し工夫するだけで簡単に携帯の利用料金を下げることができるので、今回はその方法をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スマートフォンとガラケーの利用料金の内訳

まず、最初にガラケーとスマートフォンの利用料金の内訳を書いておこうと思います。

現在、月あたりの利用料金はガラケーが1011円、スマートフォンが504円となっています。どちらも税込みです。

では、それぞれもう少し具体的に見てみましょう。

ガラケーの利用料金の内訳

まずはガラケー。キャリアはdocomoです。

項目金額
基本使用料934円
通話料・通信料0円
その他利用料金等3円
消費税等相当額74円
合計1011円

ほぼ基本使用料のみとなっています。タイプSSバリューの1864円が、ひとりでも割50で930円割引されています。

タイプSSバリューだと無料通話分が1000円程度つくので、「普段あまり電話しないけど、ちょっとはするかもしれない」という方にオススメです。

全くしない方であればタイプシンプルバリューがいいと思います。この場合、月額はさらに200円ほど安くなります。

ただ、通話プランを頻繁に変えるのは事実上難しいので、とりあえずタイプSSバリューにしておくことをおすすめします。

また、上記の内訳をみてお気づきの方もいらっしゃると思いますが、iモードとパケホーダイを契約してません。

iモードを契約していないとキャリアのメールアドレスが使えませんが、Gmailで十分なので解約しました。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

docomoのガラケーでiモードを解約する方法 - ここを知っていれば一発でできる!
ようやく出来ました・・・。長かった。スマートフォン+ガラケーという運用をするために、ガラケーの利用料金を出来るだけ下げたい方も多いは・・・

スマートフォンの利用料金の内訳

項目金額
基本使用料467円
消費税等37円
合計504円

かなり簡潔な感じですが、スマートフォンの利用料金の内訳は上のようになっています。

これは、ServersMan SIM LTEというサービスを利用しているおかげです。このサービスを使えば、月に500円ほどでLTEが使えます。

利用のし過ぎによる追加料金の発生もなく、安心して使用しています。

ただ、LTEといってもServersMan SIM LTEによるネット閲覧はやや遅く感じるかもしれません。そういった場合は、高速通信のオプションを購入するという手もあります。250円から利用できるので、自分の通信頻度に合わせて購入できます。まぁ、自分の場合ネットは家のWifiですませるようにしていますけどね。

また、LINEやメールといったテキストベースの通信は遅延を感じることなく利用できます。

初期費用の3000円さえ払ってしまえばあとは月に500円程度しか払わないで済むので、サブのタブレットに使用するのもオススメです。

スマートフォンだけでもいいのではないか?という方へ

実は、先ほどのServersMan SIM LTEには月額300円ほどでIP電話のオプションサービスもあります。

ですから、やろうと思えばガラケーを持たずに、スマホ一台ですませることも可能です。

自分も最初はそうしようかなと思ったのですが、いろいろ考えた結果やめることにしました。

やはり、キャリアを解約するというのはなんとなく勇気がいるものです・・・。

また、余談ですが基本料金がかからないIP電話のサービスもあるので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

ServersMan SIM LTEで電話オプションをつける前に!基本料金無料のIP電話もあるよ
自分は現在Nexus5とガラケーの2台持ちで料金が月額2200円(スマホ500円+ガラケー1700円)くらいなのですが、ほとんど電話・・・

さいごに

いかがでしたか?

今回の方法はMNPや店舗独自の割引サービスを利用しないものなので、誰でも実践できます。

今後はこういった3大キャリアに頼らないスマホ運用が進んでいくと思うので、今回の方法を知らなかった方は今のうちに慣れておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*