お金目的でブログを始めると、きっと後悔するという話

business-money

最近よくブログに関する記事を見かけます。

その中で、ブログを用いた収益化やブログで稼いだ金額について報告している記事も見かけますが、個人的にブログをまったく始めたことのない初心者が収益化を目的にブログをやると、ほとんどの人が後悔すると思います。

では、それは一体なぜでしょうか?

スポンサーリンク

お金目的でブログを始めるべきではない理由

稼げる前にやめてしまう

一般的に、新規に立ち上げたサイトに大量のアクセスがくることはまずありません。

少しずつ記事を更新していくとなだらかにアクセス数は伸びていくと思いますが、それでもたかが知れています。

「あの人は○ヶ月で○万アクセスいったって言ってたぞ!」とか、「お前がアクセス集めるの下手なだけだろ!」という意見もあるかもしれませんが、少しの運営でアクセスを誰でも集めることができるとは思えませんし、多くの人は自分の望むようなアクセス数にならないと思います。

普通に考えて、誰でも成功するわけないですからね。ただ、続けていれば、成功する確率は上がるかもしれないということです。

Webの世界は続けることで、結果が出てくるという話
このブログではGoogle Adsenseなどを用いた収益化を図っていますが、最初のうちは全く収益が出ませんでした。しかし、・・・

しかし、収益化が目的で始めたのにアクセスが少ないと、当然収益も発生しませんから、嫌になってやめてしまう人が多いと思います。

稼げる金額が少ない

いくら稼ぐ目的でブログを運営するかはわかりませんが、ブログによって生まれる収益はその収益を作るための記事更新などの労働に比べて微々たるものです。

Google Adsenseの1PVあたりの収益はだいたい0.3~0.5円くらいになると思いますから、10万PVで3万円から5万円です。

しかし、10万PVなんて集められそうですか?10万PVという数字は、適当に記事を書いている人が稼げるアクセス数じゃないです。

もちろん、1PVあたりの収益は目安ですので、場合によっては1円以上にすることも可能です。

Googleアドセンス収入の目安とアクセス数(PV)の関係

といっても、そのためにはブログのテーマから考えなおす必要があったり、広告の配置について度重なる検証が必要になってくるでしょうから、かなり大変だと思います。

ブログを資産として考える方法もあります。ある程度検索エンジン最適化を施したブログであれば、検索からの流入が期待できるので、更新しなくてもある程度稼げるサイトになる、と。

ただ、やはりブログは更新をしないとアクセスが右肩下がりで下がっていくものですし、それにともなって収益も下がってしまいます。

よほどうまくブログを作らないと安定して収益を生み出し続けるのは難しいでしょう。

自分のブログ運営のスタイル

ここで、自分は何を考えてブログを運営しているか書いておこうと思います。

このブログは、自分が学んだことのアウトプットや、記録を目的として書いています。

そして、収益化に関しては、「ちょっと稼げたらいいな」くらいのスタンスでやっています。はなから「このブログでめちゃくちゃ稼いでやる!」とかは思っていませんでした。

ただ、更新を続けると少しずつですがアクセスが伸び、それに伴い収益も増え、うれしいなぁーとは思ってます。

「サーバー代とかドメイン代が稼げればいいや」とは思っていましたが、今やその程度であれば結構余裕で稼げています。

今からブログを始める人のレンタルサーバーはエックスサーバーじゃなくてネットオウル系がいいかもしれない
このブログで利用しているレンタルサーバーはエックスサーバーです。エックスサーバーは安定している(らしい)し、何よりドメイン設・・・

こんな感じで、本来のブログ運営の目的である「アウトプット」の傍ら、収益化を目指していけば、あまり後悔せずに済むと思います。

それでも「ブログでお金がどうしても稼ぎたいんだ!」という人は、とりあえず以下のルールを守ってブログ運営を続ければ、必ず少しは収益が発生すると思うので、その労力に見合うと思えばブログを続けるとよいでしょう。

ブログで稼ぐためにやるべきこと

3ヶ月毎日更新する

毎日更新というルールは、効率よく稼ぐ上では足かせになる部分もあるというか、よくない気もしますが、初心者がブログ運営をするのであれば「まずは続ける」という習慣をもつために大切なことだと思います。

正直、3ヶ月程度でへこたれるようであれば、ブログ運営に向いていないと思います。実は自分もまだ4ヶ月くらいしか経っていませんが、なんとかやれています。

毎日更新のブログ開始から3ヶ月経って思ったこと
おかげさまで、当ブログ「way's Web Hack」も開始から今日で3ヶ月が経ちました。少しでもこのブログを読んでくれた皆さん、あ・・・

また、一日おき更新とかそういった方法もあると思いますが、十中八九そのスタイルでいくと三日坊主になります。

最初のうちは、効率とか度外視してとにかく毎日更新していきましょう。予約投稿などを駆使して、一日にまとめて記事を書き、それを少しずつ更新していく方法でも構わないでしょう。

ただし、2日更新しなかったから今日3記事書く!といった運営はダメです。理由は先ほど一日おき更新をやるべきでないといったのと同じです。

また、更新する記事にもある程度ルールがあります。

記事の質を保つ

毎日更新が大変だからといって「たのしかった」とか一言で終わるブログを書いていても稼げるようにはなりません。

アクセスを集めるためには検索流入を増やす必要がありますから、そのためにはどうしても記事の質や量が必要になってきます。

mba_writing

そして、最初のうちは記事の質とかいわれてもよくわからないと思うので、ある程度文字の量がある記事を書くことをおすすめします。

この記事の文量、つまり文字数なんですが、いろいろと基準があるので「このくらいがちょうどいい文字数」というのは難しいのですが、個人的に1000文字は一つの目安になってくると思っています。

ただ、最近は1記事1記事の質や文量をさらに重要視してきていたり、これからもその流れは続くと思うので、長めの記事を書くに越したことはありません。

具体的な例を挙げると、1000文字の記事2つよりも、2000文字の記事1つのほうが、今後は強いということです。

また、記事が長いと訪問者に嫌がられるような気もしますが、検索エンジンからの訪問者は自分が知りたい答えを知るために必死ですので、案外読まれるものだと思います。

検索エンジンからのアクセス数を劇的に改善するたった1つのポイント
このブログも運営を始めてから4ヶ月ということもあって、検索エンジンからのアクセスも徐々に増えてきました。しかし、記事によって・・・

基本的に守ることはこの2つだけです。この方法さえ守っていれば、どんなジャンルのブログからも収益は発生するでしょう。

しかし、これはあくまで収益化を目指した場合のことです。

お金なんてどうでもいいなら、適当に更新してもなんら問題ないでしょう。

ただ、収益関係なしに「多くの人に読んでもらいたい」と思うのであれば、この運営スタイルでいくと毎日ブログを更新することになるので、ファンがつきやすいと思います。

さいごに

さきほども書きましたが、ブログは本来お金を稼ぐためのものではなくて、自分の情報発信や記録ためにあるものだと思いますが、今ではブログは稼げるという話も出てきて話題になったりしています。

こういった稼ぎ方は比較的新しいものですので、なんとなく裏技的なものだと感じたり、ラクに稼げると思ってしまう人も多いような気がします。

しかし、いつの時代もそうですが、簡単に稼げる方法なんてありません。

試しにやってみるのはいいかもしれませんが、あまり期待し過ぎると痛い目に会うと思います。

真剣にブログに取り組むなら

今回の記事ではブログで収益を得ることについて少し厳し目に書いたので、他にもこんな考え方もあるということで以下の記事を紹介しておきます。

プロブロガーになるって難しいことなの?
ブロガーとして生きていくことって可能だと思いますか?「そんなの無理!」って感じもしますが、ブログだけで生活してる人も今では結・・・

実際にブログで食べている人もいるという話です。本気でブログに取り組む予定なら、参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*