なぜ、紙の本ではなく、kindle(電子書籍)を利用すべきなのか?

paperbook

自分は昔、どちらかというと「電子書籍なんてありえない!」と思っている派でした。

だって、紙の本じゃないと読んでいる実感がないし、データだけ購入するのもなんかもったいないし、と…。

しかし今ではむしろkindle(電子書籍)じゃないなんて考えられないほど、kindleのヘビーユーザーになってしまいました。

それでは、今ではなぜそこまでkindleを使わずにはいられなくなってしまったのか、ご紹介しようと思います。

Kindleストア

スポンサーリンク

そもそもkindleとは?

kindle-reading

念のため、kindleの説明を簡単にしておきます。

kindleはAmazonが提供する電子書籍を読むためのプラットフォームで、似たようなサービスには楽天koboなどがあります。

よく勘違いされているのは、kindleは専用の端末がないと利用できないのでは?という点。

kindleはkindle専用の端末を持っていなくても、普通のスマートフォンやPCからでもアプリを入れれば利用することが出来ます。

Kindle 無料読書アプリを今すぐダウンロード

Kindle for PCの最新バージョンをダウンロードする

ちなみにですが、kindleの端末には以下の様なものがあります。興味がある方は一応確認してみてはいいかもしれません。

Amazonデバイス

kindleを利用するメリット

それでは、kindleを利用するとなぜよいのか?その主な利点を書いていきます。

ただ、少し項目が多いので、一応下にリスト形式でメリットの一覧を示しておきます。

  • 本の場所をとらない
  • 本の持ち運びが簡単・手軽になる
  • 好きなタイミングで本を読める
  • 書籍の発売日にすぐ読める
  • 定価よりも安いことが多い
  • 理論上、本を紛失することがない
  • 電子書籍の恩恵を受けられる

本の場所をとらない

紙の本を利用していると、どうしてもその分場所をとってしまいます。kindleでは、当然電子書籍ですから、本を置く場所のことを気にせずに読書を楽しむことができます。

自分は部屋の都合上、もう本を置くスペースがあまりなく、紙の本を置くのはちょっとつらい状況にあるので、この「場所を取らない」という利点はとても嬉しいですね。

本を買うのは好きだけど、そろそろ置く場所がない・・・という方は、kindleの利用を視野に入れてみてもいいと思います。

本の持ち運びが簡単・手軽になる

例えば、複数の本を同時に読み進めているとします。

その場合、家にいる時はいいのですが、外出先でも本を読みたいときに少し困ると思います。複数の本を同時持ち歩くのはかさばりますからね。

その点、kindleを利用していれば、端末に入れている分の本は同時に持ち運べるので外出先でも複数冊の本を気軽に読み進めることができます。

複数冊といっても数十冊か数百冊かではかなり差がある気もしますが、現実的なのは数十冊かと思います。数百冊だと、スマートフォンの容量的にきついです。特に、マンガを数百冊常に端末に入れておきたいという方はmicroUSBの利用できる端末でないと厳しい部分があると思います。

自分は、今は読み終えた本はすぐに端末から削除するようにしています。

好きなタイミングで本を読める

家でふと本が読みたくなった時、書店で購入しようとするとその分移動でタイムロスがあるので不便です。その点、kindleであれば読みたくなったそのタイミングで本を読み始められるので、タイムロスがありません。

「いや、そんなにポンポン本買えないから!」という意見もあるかもしれませんが、kindleには試し読み(サンプル)機能があるので、気になった本を実際に少し読むことができ、その後購入するということもできます。

ただ、本の種類、とくにマンガとかによっては2ページの最初の挿絵しか読めなかったりもしますけどね(笑)。最近はかなりたくさん、サンプルで読めるようになってきたと思います。

自分は気になった本が見つかり、かつその本がセール中で無料だったり値下げされていない場合は、だいたいまずサンプルを見てから購入するかを決めています。

書籍の発売日にすぐ読める

running

続きが気になるマンガなどは、発売した瞬間にでも読みたいものです。kindleでは、予約した製品は基本的に発売日になった瞬間にダウンロードが始まるので、発売日になった瞬間に読みたい本が読めるといえるでしょう。

ただ、実際は少しのタイムラグがあるのも事実です。それでも、少しでもはやく本を読みたい時には嬉しい機能だとは思いませんか?

定価よりも安いことが多い

kindleの本は電子書籍ということもあって、通常の本の定価より安いことが多い、というか最近は定価より安いのが当たり前になってきました。

とくに、マンガなどは期間限定で5巻とかまで無料だったりするので嬉しいです。普通なら考えられませんよね!?

もちろん、マンガだけでなく、普通の書籍も定価よりかなり安いというキャンペーンを行っていることが多いです。これはkindleならではのメリットといえるでしょう。

理論上、本を紛失することがない

極端な例ですが、せっかく集めていた本も、火災など自然災害により紛失してしまうというリスクがあります。

kindleであれば、データがつねにクラウド上にバックアップされていますから、仮に端末を紛失したとしても本のデータは消えることがありません!

便利な世の中になったものです…。

電子書籍の恩恵を受けられる

他にも、電子書籍ならではのメリットがあります。

  • 文字の大きさを変えられる(大小)
  • 文字の種類(フォント)を変えられる
  • 文章の背景色や文字色を変更できる
  • 行間の幅(余白)を変更できる
  • 図など拡大できる
  • 脚注に一瞬で飛べる

kindleのデメリット

see-mba

ただ、そんなkindleにも多少のデメリットがあります。

まず、紙の本に比べ、発売日が遅い本があることも多いです。これは出版社の問題のことが多い気がします。人気の書籍は普通の紙の本と同じ日に発売されることが多いため、今後kindleの人気がさらに出てきたときにこの問題は解決されるでしょう。

また、本によっては固定サイズのものがあります。つまり、文字の大きさをいい感じで変更できません。これは本を購入する前にサンプルを見ていれば、こういった可変ではない本を購入せずにすみます。こういった本に関しては、自分は紙の本を購入することも検討します。

さいごに

いかがでしたか?

もう一度だけ、主なメリットをまとめておきます。

  • 本の場所をとらない
  • 本の持ち運びが簡単・手軽になる
  • 好きなタイミングで本を読める
  • 書籍の発売日にすぐ読める
  • 定価よりも安いことが多い
  • 理論上、本を紛失することがない
  • 電子書籍の恩恵を受けられる

自分もかたくなに「本は紙がいいんだ!」と考えていた派なので、kindleに懐疑的な人の気持ちはわかります。ただ、そんな自分も今ではkindleなしの生活は考えられなくなってきているので、否定的な方も一度はkindleを利用してみることをおすすめします。なにせ、アプリを入れれば誰だって使えるのですから!

Kindleストア

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*